toggle
2022-10-25

もしや「酸っぱい葡萄」になってる?【最初の一歩】

イソップ物語「酸っぱい葡萄」のお話、
ご存じですか?

カンタンに書くと、こんなお話です。

お腹が空いているキツネが、
おいしそうな葡萄がなっているのを見つけました。


食べようと、必死にジャンプするのですが、
おいしそうな葡萄は、高いところにあって届かない。


食べようと、必死にジャンプするのですが、
おいしそうな葡萄は、高いところにあって届かない。


キツネは、何度も飛び上がっても届かず、
食べられないことに腹を立てて


「あの葡萄は酸っぱくて、まずいに違いない。
 誰が食べるものか」
と言い捨てて去っていきましたとさ。

(ここまで)

負け惜しみのような、
やっかみのような感情です。

世界の見え方に変化がある

これは、ニーチェのいう
「ルサンチマン」という状態。


――――――――――――――――――
【ルサンチマン】
弱者が、力ではかなわない強者のことを
悪に仕立て上げ、自分を納得させる心理。
弱者の逆恨み。

――――――――――――――――――

このルサンチマンな
キツネのような状態、
誰しも経験があるのではないでしょうか。

私自身にも覚えがあります…(苦笑)

このルサンチマンに陥ることは、
決して「悪いこと」ではない、
と思っています。

人間ですからね。

大事なのは、
そんな自分に気付けるかどうか。


ルサンチマンに陥っただけの、
感情だけで処理して、
思考停止にならないことだと思うのです。


重要なのは、
ルサンチマンになっている自分に気付き、
どうするのかを考えることなのです。


「酸っぱい葡萄」のキツネだったら、
どうしても葡萄が欲しいなら
負け惜しみのような発言で諦めるのではなく、

他の方法で手に入れられないか
考えてみる。

誰かと協力するとか、
道具を使うとか、
ジャンプ力を高める訓練をするとか(笑)

まぁ、やりようはいくらでもあります。

**

「哲学は、人間の本性をあばきますよね」

哲学を学んだ方が、
こんなことをおっしゃっていました。

もともと哲学は、
世界と人間の真実とは何かを
追求してきた学問ですからね。

私たちの世界をつくっている言葉にも
フォーカスしますので、
受講されると世界の見え方に変化がありますよ。


女性リーダーのための「哲学サロン」
エッセンスをギュ~ッと詰め込んだ
プレ講座を開催します。

ご興味ある方、
一度、体験されることを検討してみてくださいね!
https://em-tr360.com/L40727/b3/119161

━━━━━━━━━━━━━━
●オンライン講師の基礎も得られる!
━━━━━━━━━━━━━━
究極のメモ術で
あなたの頭の中を見える化する
10mim FOCUS Mapping
(テンミニッツ フォーカス マッピング)。

インストラクターになって、
自分と受講生さんの両方に
ブレイクスルーを起こしませんか?
https://em-tr360.com/L40727/b3/119141

【初級】インストラクター養成講座
11/2(水)14:30~16:00

【中級】インストラクター養成講座
10/20(木)9:30~11:00
11/30(水)9:30~11:00

詳細はこちらをクリックしてください。
https://em-tr360.com/L40727/b3/219141


PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら 
方眼ノートアドバンス講座 詳しくはこちら