toggle
2021-12-14

「かも」はナイ。【断捨離 サイン】

「いつか使うかも」

「もしかして役に立つかも」

「来年はするかも

などといった、
活躍していないけど手元に置いておきたい、
手放すにはまだ早いような気がしている
モノや教材(情報)ってないですか?

未来のことは分からないし、
いいモノ(内容)だったら、
なおさら断捨離するのはもったいない。

疑うことなく持っているモノ、
きっと多くの方があると思います。

感謝して、さようなら。

最近法人化した、九州の友人が
今、東京にいるということで
一緒にランチをしました。

彼女と仕事や家族の話をしながら、
今の私にストンと落ちたことが
あります。

「『かも』はないよ。本当に。
 その言葉を使っている時点で、
 それは、断捨離のサインだね」

うっ、う~ん、確かにその通り。

話をいていると、
あいまいにしていた自分が
恥ずかしくなってしまったほどです。

最近、断捨離熱が少しずつ再燃し、
先日は、夜中に資料をどっさり捨てました。

自分が行った講座テキストも、
プリントアウトした参考資料も、
参加したセミナー資料も
感謝して、さようなら。

気がつかないうちに
どんどん溜まるものですね。

先程の彼女と話をした帰り道、
ふと、あるモノを思い出しました。

押し入れの奥に仕舞い込んでいる
ほとんど見ていないDVDや
まったく聞いていないCDです。

そのDVDは、10年ほど前、
当時の師がまとめたもので
10巻セットくらいでしょうか。
(けっこう高かったのですよ~)

押し入れの奥にあるので、
日頃は目にしていないのに、

急に頭の中に出てきて
「捨てよう!」
と歩きながら固く決意しました。

(ちゃんと、感謝して捨てましたよ)

これまでの引っ越しや
断捨離をくぐってきたモノたちも、
少しずつとはいえ、納得して
さようならできていくことが嬉しい。

「『いつか』したいんですよね」
とおっしゃる方には、

「『いつか』は、永遠にこないですよ(笑)」
なんて言っているのに、

大変恥ずかしながら
自分のことは棚に上げていたようです。

気持ちよく2022年を迎えるために、
断捨離感度を上げていくぞーっと
意気込んでいます。

私と同じような方がいらしたら、
ぜひご一緒に、
断捨離強化月間しませんか?

PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら 
方眼ノートアドバンス講座 詳しくはこちら