toggle
2021-12-03

発信者として影響力を持ちたいなら【情報発信 影響力】

「発信者として影響力を持ちたいなら
 言い切ってください」

10年以上前、
当時の師匠から言われた言葉です。

その頃の私には、
覚悟も、自信もなく、

(※自信はあっても、なくても
どちらでもいいのですけどね)

とてもハードルが高かったことを
今でも覚えています。

あなたはどうでしょうか?

必要なとき、
相手のために、
言い切っているでしょうか。

世界と人の真実を追求し続けた学問

「私には、言い切る勇気がない」

このようなことを
おっしゃる方、
いらっしゃるかもしれませんね。

世の中に「絶対はない」のですから
それだけ誠実なのかもしれません。

ただ、そうすることで、
伝わるパワーは一気にダウンするのも事実。

伝え方の工夫次第もあるでしょう。

克服する方法を一つ、
今日はお伝えします。

それは、
天才たちの頭を借りるのです。

「巨人の肩に乗る」
という表現があります。

自分の背丈で見える景色は、
近くしか見えませんが、

巨人(先人たちの知)に乗ることで、
遠くまで見渡せるようになる状態です。

これは、
先人たちの膨大な時間をかけて蓄積され、
凝縮された経験や知恵、
思考の結果などを使わせていただく比喩です。

例えば、哲学者たちは
思考し続けることを仕事とした
天才たちです。

そんな偉人たちの思考法を
使わせていただいて、

あなたのお伝えしたいことの
後ろ盾にしたら、
なかなか最強じゃないですか?(笑)

そもそも哲学は、
世界と人の真実を追求し続けた学問です。

私たちの日常から
かけ離れたものではありません。

もちろん、哲学に限らず、
さまざまな書物から、

優れた方々の思考法や、言葉自体を
使わせていただくのは心強いです。

それを、言い切る根拠としてみては
いかがでしょう?

私自身、よく使っている方法です。

そもそも学びをするのは、
言い切ることが目的では
ないのですけどね(笑)

ものの見方を教えていただけるのは、
とてもありがたく貴重です。

世界の認知の仕方を増やすためにも、
学び続けるって、大事ですね。


●特別なお知らせ:「大人の学び場」体験しませんか?


大人の学び、大人の会話を
一緒に楽しみませんか?

「知的な話をしたいけど、
 知的なことって話す場所を選ぶし、
 そもそもそんなに知的じゃないし…」

こんな思いを抱いたことはないでしょうか?

哲学を使って、
大人の会話を楽しみ、
ビジネスに使えるようになる、

「大人の学び場」をつくりたいって
ずーっと思ってたんです。

思っているなら、
行動しよう!

ということで、
実は、大人の学び場体験会なるものを
Zoomで企画しました(笑)

それも、今回特別に「無料」で行います。

<内容>
絵本のような物語動画を使い、
それを哲学に落とし込んだ解説をします。

<時間>
大体1時間くらいを予定中です。

気になる方は参加をご検討くださいね。
https://em-tr360.com/L40727/b3/117801

PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら 
方眼ノートアドバンス講座 詳しくはこちら