toggle
2021-11-10

いい商品でも売れない理由【PR セールス】

同じ会社、同じ商品でも、

見せ方(焦点の当て方)や、
何と結びつけるかで、

売り上げも、
PRだったらテレビや新聞に出られるかも、
まったく変わってきます。

PRの場合だったら、
いかに、テレビや新聞、雑誌などの
マスメディアに出られるかがキモ。

ただ、当たり前ですが、
「テレビに出してください」
「新聞で取り上げてください」
とお伝えしたところで、
出られるわけじゃぁありません。

もちろん多額のお金を使って
「広告」をすればいいのですが、

PRというのは、
広告ではなく、番組内や
記事内で取り上げていただくための活動。

だから、自分の商品だけをみて、

「いい商品だから、見て、見て~!」

と、叫んでも、
誰も取り上げてくれないわけです。

(だったら、「広告使って」という話)

もっと大きな視点で捉える

と、なると、何が重要なのか。

それは、もっと大きな視点で捉えること。

この会社(商品)が
なぜ世の中に必要なのか、

どうしたら
世の中のお役に立てられるか、

誰から喜ばれるか、必要とされるのか

だからね、自分の会社や商品だけを
見て、考えて、伝えても、
誰も見向きもしてもらえないのです。

こだわりが強いだけでもダメ。
そもそも人は、エゴイズムなのだから。
(自分にとってのイイコトがあるかが重要)

PRに限らず、セールスを目的とする
ビジネスの世界においても同じです。

「私は何者なんだろう?」と、
ひたすた自分だけを見て、

自分探しをしていても、

答えは見つからないし、

周りからも評価はされません。

「自分さがし」ではなく、
みうらじゅんさんもおっしゃっている
「自分なくし」
くらいが、ちょうどいい。

冷静に「この商品」(時には自分)を

・どうしたら、
世の中のお役に立てられるか、

→なぜ「この商品」が必要なのか?

→お客さま目線だけでなく、
 世の中全体からも見る

・誰から喜ばれるか、必要とされるのか

ということも考えてみる。

PRしていて、面白いのが
同じプレスリリース
(メディアへの情報提供・案内)でも、

届け先によって、
反応がまったく違うということ!

あるメディアには、スルーされ(泣)
あるメディアからは、依頼が来る(嬉)

つまり、いくらすばらしい
プレスリリースができても、

届ける相手がぴったり合っていなかったら、
見向きもされないという現実!

「必要な方に届ける」って
こういうことなんだなぁと思います。

いくらいい商品でも、
届ける相手や伝え方がズレたら、
まったく響かないということです。

と、いうことで、

この会社(商品)が
なぜ世の中に必要なのか、

どうしたら、
世の中のお役に立てられるか、

誰から喜ばれるか、必要とされるのか

を、しっかり考えてみてくださいね!

PRとセールスは、
本当によく似ています。

PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら