toggle
2021-09-02

神は細部に宿るから【ビジネス 手段 工夫】

どうしたら
理想のお客さまに届くのか。

ビジネスには絶対的な答えはない
と知りつつも、求めてしまうもの。

絶対的な答えはなくても、
答えに近づく方法はあるはずですから。

絶対的な答えはない

ある企業さまと
PRしているお客さまと共同で
イベントを行った今日。

先方の広報の方とともにPRをがんばり、
おかげさまで、
大手新聞社や雑誌社、ケーブルテレビなどの
取材が入り、いい一日となりました。

ときどき質問をされます。

「どうしたら、メディアに出られるんですか?」

これだけで、何時間も講座ができるものの、
シンプルに説明すれば、次の通りです。

プレスリリースを書いて、
メディアにアプローチするだけ。

面白いことに、
「メディアにアプローチする」
一つをとっても、
人によって、やり方が違います。

それも、
PRを教えている人によっても
違うので混乱するし、

メディア側の方に聞いても、
人によって違うんですよ。

Aというところでは、
「プレスリリースは郵送しましょう」
と習ったのに、

テレビ局のプロデューサーさんが
「郵送は見ないから、F A Xにして」
と言われたり、

BというPR養成をしている方は、
「電話をどんどんしてアプローチしましょう!」
とおっしゃっているのに、

別のCというPR 養成をしている方は、
「電話は嫌われるので止めましょう」
と真逆のことを言われたり。

PRを始めたばかりの頃は
チグハグな情報に振り回され、
混乱しました。

(セールスやSNSもそうじゃないですか?)

PRでいえば、単純に、
媒体によって受付方法が違うこともありますし、
相性(ちょっとしたタイミング)もあります。

結局は
「絶対的な答えはない」
ということ。

どこの世界も同じです。

「インスタで、集客ができるよ!」
という方がいれば、

「インスタでは全く集客できない」
という方もいます。

時代によっても、どんどん変化はしますし、
理想のお客さまが違えば、
アプローチの仕方は違って当たり前です。

目的に向かって、
一番いい方法を自分なりに考え、
決めて、行動していくしかありません。

至極当然なことを書いていますね…(汗)

PRでいえば、
手段(アプローチ方法)も大事だけど、
そのやり方に細かな工夫をしているかが重要。

だから手間もかかります。

手間をかけても
うまくいかないことの方が多い中で、
うまくいく場合がある、

そんなイメージでしょうか。

PRの仕事をしながら、

——————
どの手段(方法)を選ぶかは大事。

それだけでなく、
決めた手段(方法)をどこまで
ていねいにやるか工夫(考えること)が重要

—————–

と、今更ながらに感じたのでした。

だから、うまく行っている方と
同じ情報発信方法やSNSを使っても、
うまくいくとは限らない。

「神は細部に宿る」ですね。

 

PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら