toggle
2021-06-03

応援される人、応援されない人【ビジネス ベクトル】

応援される人と
応援されない人の違いって
なんだと思いますか?

「もう少し表現を工夫したら
 きっともっと応援されるのになぁ…」

路上ライブをしている
シンガーソングライター。

彼のチラシを受け取って、
思わず、感じてしまったことです。

歌は、いいとは思いますが、
どこまでいいのかは、
正直わかりません…(笑)

「上京してきて路上ライブしている」
というだけで、

息子を持つ私としては、つい
応援したくなってしまう。

人は、頑張っている人を
無条件に応援したくなります。

これは、間違いない。

ただね、

「夢は、
 音楽番組に出演して、
 東京ドームでコンサート!」
(実際の表現とは変えています)

というチラシを見て、
決して悪くないけれど、
少しだけ残念だなぁと思ってしまいました。

ベクトルがどこを向いているか

一緒にいた夫が、
彼のチラシを見ながら
こんなことを言いました。

「彼の夢は、
 有名になってチヤホヤされたい
 ことみたいだね」

結構厳しいこと言います(苦笑)

実際にどうなのかは
全く分かりませんけど…。

どっちでもいいのだけど、
夫の言葉で

「そうかもなぁ」

なんて思ってしまったのも事実です。

なぜなら、
その文章のベクトルが
全て自分を向いていたから。

有名になりたい。
ビッグになりたい。
こんなところで歌いたい。

悪くないです。
誰だって持っている欲を
正直に表現しただけかもしれない。

私たちは、

一所懸命に頑張っている人を
応援したくなります。

さらに、

人のために
一所懸命に頑張っている人は、
もっともっと応援したくなります。

この違いは大きい。

チラシにうまく表現できて
ないだけかもしれないけど…。

そもそも人は、
自分のためよりも、

誰かのためや
もっと大きな何かのための方が、
エネルギーが湧くのだと思います。

私たちの仕事も同じです。

自分が儲かるために行動するのが
悪いのではなく、
(それも大事)

我欲がありつつも、

外へのベクトルの方が、
少しでも大きい状態であることが、
大切だと思っています。

私たちは、我欲のためでなく、

誰かのため、
何かのためを思って行動している人から
買いたいですよね。

と、路上ライブを聞きながら
感じた週末でした。

ブログやメルマガなどの文章が
自分にベクトルが向きすぎていると、

いい商品、サービスを提供していても
応援されない可能性があるのでご注意を。

PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら