toggle
2016-06-05

【No.12】自分で決断するその前に

今日は日曜日ですので、番外編。

インタビュー関係の<聴く>ではなく、
相談したり、アドバイスを求めたり、
自分の可能性を引き出してもらったり、
といった関係の<きく>についてです。

仕事やプライベートで、迷うことがあるとき、
あなたは、誰に相談をしますか?

私は、子どもがまだ赤ちゃんだった数年前、
仕事で、とても失礼なことを言われたことがありました。
(私が過敏になっていただけかもしれませんが)

本格的に関わることになるとき、
「こんな不愉快な気持ちになるなら、辞めよう」
と思ったことがあります。

ところが、当時からお世話になっているコンサルタントの方は、
「踏み台プロジェクトにして、利用する手もありますよ」
と提案してくださいました。

今、思えば、少々感情的になっていた私を、
冷静にする方法だったのかもしれません。

正直、仕事の内容は、面白そうでした。
しかし、話を持ってきてくださった方の言動がどうにも気に入りません。

子どもがいながら働く女性に対し、私はとても無礼に感じたのです。

しかし、「踏み台プロジェクト」。

このことば、当時の私に響きました。
やる気になり、真剣に仕事に取り組むことにしました。

その後、失礼な発言をした方は、「踏み台プロジェクト」からは消えました。

今は、気持ちよく仕事をさせていただいています。

長くお付き合いさせていただいて、感謝しているくらいです。

別の話です。

友人3人でランチをしていました。

一人の本を数冊出版している友人が、
仕事の悩みごとを話したときのこと。

当時(3年前?)の私は、
「そんな仕事は、断った方が得策だろうな」
と思って聞いていました。

しかし、もう1人の、何人ものスタッフを雇う女性社長の彼女は、
「そこは、ガマンね。こうしたらどうかしら…」
と、具体的にアドバイス。

詳細はすっかり忘れましたが、私にはなかったアイデアでした。

自分とは真逆の意見に、とてもビックリし、考え方の勉強になりました。
最近、別の友人が、
「コンサルタントの方にお願いするようになってから、
自分では思い浮かばない選択肢が出てくるの」

と、新しいプランを実行中。

仕事が、さらに楽しく、可能性が広がっていると話していました。
経営コンサルタントの大前研一さんは、次のようにおっしゃっています。
――――――――――――――――――――
人間が変わる方法は3つしかない。

1つ目は、時間配分を変えること。
2つ目は、住む場所を変えること。
3つ目は、付き合う人を変えること。
――――――――――――――――――――

付き合う人を変えるのは、なかなか難しいですが、
人生を変えたいなと思ったら、
相談する人、アドバイスを求める人だけでも、変えてみてもいいかもしれません。

利害関係がなく、
教えてもらいたい分野でうまくいっている方、
プロのコーチやコンサルタント、カウンセラーにお金を払って話をするのも、
一つのいい方法だと思います。

自分のことは、なかなか客観的になれませんし、
視野が狭くなりがち。

私自身も、プロのサポートを受けています。

書くまでもないですが、
そうはいっても、
相談に乗ってくださった方は、あくまでも一つの意見です。

その後は、自分でしっかり考えて、
自分で決断してくださいね。

人のせいにしてはなりませぬ。

何を選択するかで、人生は変わります。

ぜひ、お試しください。

参考までに、
私はコーチングを勉強して、「コーチ」でもあります。
コーチングセッション、うけたまわっております(笑)

ブログやメルマガを続けるコツがわかる 無料メールセミナー登録