toggle
2016-08-11

【No.79】要注意! 「なんで?」

先輩ママであり、
子どもとのコミュニケーション講座を開く友人と
話していたときのこと。

スルドイ指摘をされてしまいました。

ほぼ毎日、同じコトで、私が息子のことを手に負えない状態に
なってしまうときのことを、話していたら、

「なんで? って、聞いても、本当の気持ちは聞けないよ。
なんで? って、もう否定語として使ってるでしょ?
もっと、伝わるという前提で話をした方がいいよ」

どきっ。

確かに、私自身の気持ちを伝えないで、
彼の行動、彼の言動を責めていました。

日ごろも、
「なんで、そんなことやってるの!」
「なんで、そんなこと言うの!」
よく言ってるような…(汗)

もしかして、あなたも、
パートナーや親兄妹、部下などに、言っていませんか?

友人とそんな話をしてから数週間後、
自分の昔のメモ書きを見つけました。

——————————————–
「なんで?」のあとは、言い訳。
「どうしたら?」のあとは、対策、アイデア。
——————————————–

このメモを書いたのは、数年前。
誰かに教えていただいたのか、たまたまネットで見つけたのか、
情報の出所は書いていませんでしたが、
ちゃんとメモっていました

当時は、当時で、ナルホドと思って、メモしていたのでしょう。
すっかり忘れていました…。

今回は、メールマガジンにも書いておいて、
また数年後、感心して読むことがないよう、
もっとしっかりと頭と心に刻みます。

よくよく考えれば、
「なんで、~なの?」って聞いたら
「だって、~だもん」って言い訳がパッと思い浮かびます。

「どうしたら、~できるの?」
「うーん、○×△」
少しは、建設的な答えが返ってくるかもしれません。

「なんで~?」は、
自分が不満に思ったことを相手に直接投げているだけです。

「どうしたら~?」は、
一歩引いて、モノゴト全体を見れているような感じがします。

少々ハードル高そうですが、
「なんで~?」は、しばらく使わないことばにリストに入れることにします。

「いいこと聞いた!」
と思っても、使っていないこと、忘れていくこと多いです。
(メモしても忘れていた私のように…汗)

実践する、繰り返し学ぶ、しかないですね。

ブログやメルマガを続けるコツがわかる 無料メールセミナー登録