toggle
2017-04-19

【No.330】「働きアリの法則」知っていますか?

こんにちは。寺尾祐子です。

今朝のコーチングセッションでのこと。
クライアントさんは、お話を聴いている私が、
びっくりするほどのがんばり屋さん。

「私さえ…」は、本当にうまくいく?

ご結婚されおり、お子さんは二人いる女性です。
つい最近までバリバリ働いていらっしゃいましたが、
体調を崩されて、今は専業主婦をされています。

「私さえ、我慢すれば、うまくいく」
「私さえ、必死にがんばれば、うまくいく」
「私さえ、相手を細かく管理していれば、うまくいく」

と思って、生きてきました。

そして、ご自身が、がんばれば、がんばるほど、
ご主人の仕事ぶり(=収入)に、不満が高まっていました。

ご主人に対し、
期待しすぎていたのかもしれません。

「働きアリの法則」って聞いたことありますか?

アリの社会は、2:6:2の割合で、
よく働くアリ、普通に働くアリ、怠け者のアリが
いるのだそうです。

よく働くアリばかりを集めても、
怠け者のアリばかりを集めても、

結局、2:6:2の割合で、
よく働くアリ、普通に働くアリ、怠け者のアリ
に分かれるのだとか。

これが、「働きアリの法則」です。

※「働きアリの法則」詳しくはWikipediaで。
https://goo.gl/pHixO3

つまり、何が言いたかったかというと、

クライアントの女性が、
がんばり過ぎていたから、
ご主人が頑張らなかったかもしれない、ということ。

日々実験!

これは仮説です。
だから
「実験しましょう!」
ということになりました。

ご主人をコントロールしようとしたり、
期待したりするよりも、
頼る、甘える、感謝するといったイメージです。

そうしたら、彼女は
「私が、がんばらないように、がんばってみます!」。

いやいや、がんばらないでください(苦笑)。

詳しくは割愛しますが、
彼女のイメージする具体像を決めて、
毎日、その自分をイメージして暮らすことになりました。

まずは、実験です。

コントロールできないことは手放し、
自分ができることをやっていく。
家族に、頼る、甘える、感謝する。

どんな実験結果になるのか、
彼女自身の変化を聞くのが楽しみです。

PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら 
方眼ノートアドバンス講座 詳しくはこちら