toggle
2021-08-13

自分と仲良くしてる?【自己否定 成長】

現状に満足しないで、
「自己否定」をし続けることで、
人は成長していきます。

スポーツ選手たちは、
まさしくそのようにして、
世界の頂点を目指しているのでしょう。

成長するために重要な「自己否定」。

とはいえ、闇雲に
自分を否定すればいいわけではありません。
注意が必要な方がいらっしゃいます。

自分を動かすには、自分しかない

それは、
ご自分に厳し過ぎて「萎縮」されている方。

そんな方にときどきお会いします。

前向きに
あきらめているのではなく、

後ろ向きに
あきらめている感じ。

本メルマガで何度かお伝えしている通り、
本来
「あきらめる」
という言葉は、決して、
後ろ向きの言葉ではありません。

仏教的には、
「明らかに認める」
「明らかに見通す」
という意味があるそうです。

失敗や欠点、
足りないところを認めた上で、
どうするのか。

自分を動かすには、
自分しかありません。

「どうしたら、
 この人(自分)を動かせるのか?」

自分で自分をはげますのは、
とても大事!

ここまで書きながら、
ふと、ある絵本を思い出しました。

『わたしとなかよし』
(作・絵:ナンシー・カールソン)
http://gleam-ex.com/L40727/b3/117051

数年前にもご紹介した絵本です。

ピンクのブタちゃんが、
自分のために、
本を読んであげたり、
歯を磨いてあげたり、

失敗した時も、
励ましてあげたり。

子どもに絵本を読んでいた時代、
子どもに読みながら、
自分に読んでいたような気持ちでした。

実際、私が何かやらかしてしまうと、
絵本の一節が出てきて、

その言葉で自分を励ましていたことが、
何度もありました。

自分が成長するために、
自己否定をしつつも、

自分をはげましたり、
その気にさせたりして、

自分を動かしていくことは、
とてもとても大切です。

自分に厳し過ぎる方、

自分の人生、なんとなく
後ろ向きな諦めモードが入っている方、

自分をよく嫌いになる方、

「どうしたら、
 この人(自分)を機嫌よく動かせるのか?」

と考えつつ、
ご自分と仲良くしてくださいね!

PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら