toggle
2017-03-03

【No.283】イラッとしたら、合気道で。

相手に反発したくなったとき、
一つのいい方法があります。

昨日のメルマガに書いた
幼稚園の園長であるシスターの言葉。

「本当の強い子というのは、
ぶつかりあっても、
負けない子どもじゃありません。

どうやったらぶつかり合わないか、
自分はどうしたらいいのか知っている子ですよ」

このセリフに対し、

「まさしく合気道だね」

と、合気道2段の夫。

我が家では、たまに
「合気してるね~」
という言葉が飛び交います。

合気とは、

—ココから—

合気道開祖の植芝盛平は、

合気とは敵を破る術ではなく
世界と和合する道であるとし、

森羅万象の活動と調和することが
合気道の極意であるとした。

「合気は愛である」
という彼の言葉もよく知られている。

—ココまで—
「Wikipedia」から一部引用

この「合気」。
なかなか使えます。

相手から攻めてきても、
気持ちを合わせて、
サラッと流す。
もしくは、
相手の力を利用しつつ自分の意見に持っていく。
(私流の解釈も入っています)

20代の頃、結婚する気配も見せず、
自由奔放に暮らす私を見て、

「早く結婚したら?」
「もういい歳なんだから、結婚のことよく考えなさい!」
「親は、いつまでも生きていないのよ!」

などと、母から言われていました。

はじめの頃は、母の言葉をまともに受け、
いちいち反発していた私。

だんだん、月日が流れ、私も少し賢くなりました。
20代後半には、

「そうだよね~」

(彼がいないときは、)
「素敵な人は、どこにいるんだろうね」

(彼がいるとき、)
「どうなるんだろうね。私だけで決められないしね」

と、やっと母娘のムダな言い争いが減りました(苦笑)

今思えば、合気していたんだなと。

「正面で衝突」
するのではなく、

「隣に座って、一緒に考える」
そんなイメージです。

相手とぶつからず、
気持ちを合わせ、
サラッと流す、
もしくは、
相手の力を利用しつつ自分の意見に持っていく。

家庭内だけでなく、
会社、サークル、友だち同士にも使えます。

そのためにも、柔軟な体(心)と
自分の重心や姿勢(一貫性や信念など)が、
しっかりとしていた方がいいようです。

合気するとは、
寄り添い、共感、承認、傾聴などにも通じます。

何と言っても、
「合気は愛である」
ですから。

もし、相手に
反発したい気持ち、
怒りを感じたとき、
苛立ちを覚えたとき、

「この場合、合気するにはどうしたらいいか」

と、考えてみることをオススメします。

<ここからお知らせ>

「ブロ&メルマガを続けられるようになる文章講座」

3月9日(木)13:30~15:30 新大阪で開催します。
http://profond.jp/writing-1day/

読者と合気するのも大事です。
仲間と一緒に、学びませんか?
http://profond.jp/writing-1day/